Menu
Back

Sisizaryuseigun, since 2004.07.21

140文字SSまとめ - vol.1 [マオヒエ]

[ 厳密には140文字ではない話 - お題元 ]



1.『こりないやつ』 ──── 2017/11/20

「懲りない奴だな。どうして、そこまで気に掛ける?」
──彼は自分に向かってそう呟いた。
しかし、数多の境遇を経た今の気持ちを説明するなど自分には到底、不可能な事であった。
だのに、自分は無意識に「お前の事が好きかもしれないから」と返していた。
彼は「馬鹿だなあ」と笑っていた。


2.『人生で一番』 ──── 2017/12/03

今日はおそらく人生で一番の日だ。小僧が顔を真っ赤に染めて、言葉を紡ぐ。
その震える手には千日紅を象った髪飾り。ははぁ、なかなかに洒落ている。永遠を否定した者が永遠を誓うとは。
だが、今回ばかりは自分も余裕ではなかった。意を決した小僧の姿は、想像以上に心を揺さぶるものだった。


3.『距離のつかみ方』 ──── 2017/12/07

「距離の掴み方だと? そんな事を余に聞いてどうする。気になる女でも現れたのか? ははは、流石に違うか。
 ん? どうした? ……そういう風に茶化すから分からなくなるだと? 何の話をしているのだ。
 お、おい! 待て、小僧! ……ったく。結局、何の事だったん…………ん? もしかして……」


4.『指切り』 ──── 2018/01/25

「約束してくれよ」
「何を?」
「もう、あんな事はしないって。……嫌なら、俺は貴様を改めて斬り伏せなければいけなくなるが」
「ははあ、脅迫か。良いだろう、そういった告白もまた小僧らしい」
「本当だな?」
「老い先短い事は覚悟しておけよ」
「……ああ」
それが最初で最後の指切りだった。


5.『全部全部、君のせい。』 ──── 2018/01/27

正直な事を言うと、どうしてこうなってしまったのか俺は正しく説明する事が出来ない。
それが愛だよ、などと言われても俺が納得出来ないのだ。
俺がこうなる事も策の内だったのだろうか? だが、穏やかに言葉を返す奴にそんな気配など感じられない。
嗚呼、苛々する。全部全部、あいつのせいだ!


6.『一緒に帰ろう』 ──── 2018/02/18

今日は何となく散歩がしたくなって、ふらりふらりと雪積もる川辺を歩き続けた。
優雅に空を舞う綿雪を刹那に吹き飛ばす真冬の風は、己らに楽しむ間など与えぬぞとばかりに駆け抜けていく。
夜は鍋でも突こうか。ぼうっとしていると、どこからか小僧の声が聞こえてきた。
──さあ、一緒に帰ろう。


7.『残された時間』 ──── 2018/03/19

残された時間は少ない。そんな事は分かっている。だのに、嗚呼!
ぎゅうと掴まれた心が訴えかけてくるのだ。「本当にそれで良いのか?」と。良いわけがないだろう!
だが、愚かにも『    』を求め続けてしまう己の弱さは、それ以上に恐ろしい事だった!
それなのに、それなのに……『    』は……


8.『甘えてよ』 ──── 2018/04/26

こうして共に暮らしていると分かってくる事がある。
あいつが俺に対して甘えようという気配を一切見せてこないという事も、その一つだ。
あいつがいつまでもそんな調子では俺ばかりが甘えているような気がして申し訳が立たない。
なあ、たまには甘えてくれよ。今日は何だってするんだから。


9.『美しい終わり方』 ──── 2018/05/18

白百合の棺桶に眠る夢を見た。それは穏やかな毒で美しく終わらんと願う自身の愚かな夢なのだろう。
どうせ使えぬ身であるならば、小僧の手で葬られたいものだった。
びしゃりと朱に爆ぜる床を見つめる。嗚呼、こんな汚し方をしたら小僧に叱られてしまうのに……
言葉は坩堝の底へと消えた。


10.『夢だったらよかったのに』 ──── 2018/06/06

いつもなら無骨で岩が過ぎるような感覚であるはずの手が、今では柔肌を擦る絹のようだ。
たったの一言。それを伝えられただけで身体の芯が燃えるように熱くなって、唇が涙を零しながら震え続けた。
こんな現実、夢だったら良かったのに。でも、夢じゃなかった。そうだ、俺はこいつの事が好きだったんだ。

『140文字SSまとめ vol.1』

[────] ←  ★140文字SSまとめシリーズ★  → [vol.2]



140文字SSまとめ - vol.1 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.1〜No.10]
140文字SSまとめ - vol.2 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.11〜No.20]
140文字SSまとめ - vol.3 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.21〜No.30]
140文字SSまとめ - vol.4 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.31〜No.40]
140文字SSまとめ - vol.5 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.41〜No.50]
140文字SSまとめ - vol.6 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.51〜No.60]
140文字SSまとめ - vol.7 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.61〜No.70]
140文字SSまとめ - vol.8 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.71〜No.80]
140文字SSまとめ - vol.9 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.81〜No.90]
140文字SSまとめ - vol.10 [マオヒエ] - 厳密には140文字ではない話 [No.91〜No.100]


Site Owner



袖黒鴉 (そでぐろからす)
絵描き 兼 文字書き




Booklog


応援してください



ランキング参加中


Twitter Account