Menu
Back

Sisizaryuseigun, since 2004.07.21

About this Artworks

Disclaimer
掲載されている一次創作物についての著作権は放棄しておりません。
また、二次創作物の著作権は原作者及び制作会社にあり、袖黒鴉とは一切関係がございません。
Fanart Info
当サイトで展示されているオリジナル作品(依頼品は除く)の二次創作については、ご自由にしていただいて結構です。
貴方の思うがままに描いた二次創作を作者は歓迎いたします。しかし、物事には限度がございます。以下のような行為はお控えください。
「自称行為」「無断転載」「盗作」「盗用」「商用利用」「誹謗中傷に繋がる描写」
Shortcut
はじまり / 世界観 / キャラクター / 作品一覧

はじまり

これは“トラオム”と呼ばれる世界に在った、忘れ去られた一つの物語。
この時代は過去の文明によって荒廃化が進むトラオムの中で生き残った独特な生態系を持つ種族の末裔達がその大地で暮らしていた。
瘴気に包まれた仄暗い森の中で息衝く生命達は、自らを“ファハドの民”と呼び、世界の中心に聳え立つ“世界樹”を信仰している。世界樹が齎してきた恵みは凄まじく、民達の信仰は厚い。
しかし、ある時、どこからか流れ出した“世界樹の根本は既に浄化され、かつての姿を取り戻している”という根も葉もない噂によって状況は一変してしまう。
噂に絆され、信仰どころではなくなった部族達が理想郷を求めて動き始めた。そういった者達が征く先々で略奪や占領をするようになった事で、ファハドの民は争いが絶えなくなった。
そんな激動の時代の中で、異世界の記憶を持つという二人の賢者── アラネアとフリンデルは息を潜めるように暮らしていた。


世界観

終末の先の世界 - ファハドの民が存在していた時代のトラオムについて
世界樹と信仰 - 世界樹とそれにまつわる信仰について
瘴気と浄化 - 世界に蔓延する瘴気とそれらの浄化について
ファハドの民 - 瘴気の中で息衝く生命達について
異世界の記憶 - 極稀に生まれるという特殊なファハドの民について
予知書“旅人の手記” - 予知書とされる謎の手記について


キャラクター

メインキャラクター

アラネア=アニムス - チョウ族のフリンデルと共に暮らす異世界の記憶を持つ賢者の一人
フリンデル=アニムス - クモ族のアラネアと共に暮らす異世界の記憶を持つ賢者の一人

サブキャラクター <第一部>

ブラッタ=ファハド - 環境の変化により困窮状態に陥った同族に食い殺されかけたゴキブリ族
スフィカ=ファハド - 恋人のメリッタと駆け落ちした事で同族に追われ続けているスズメバチ族
メリッタ=ファハド - 恋人のスフィカと駆け落ちした事で同族から勘当されてしまったミツバチ族
シケイダ=ファハド - 別部族の赤子を抱えている事から不気味がられている夕暮れ時にのみ現れるセミ族
プラセル=ファハド - セミ族のシケイダに育てられているヤドリガ族の赤子
トリステサ=ファハド - セミ族のシケイダにプラセルを託したヤドリガ族

サブキャラクター <第二部>

リヴェルリ=ファハド - 住処から逃げ出して空を旅した事で世界樹の根本に関する真実に気付いてしまったトンボ族
ベナトリア=ファハド - アラネアと交友のある元切り込み隊長の屈強なクモ族
マンティス=ファハド - 過去にタオゼントと剣を交えた事があるベナトリアの部隊に在籍していたカマキリ族
タオゼント=ファハド - 立ちはだかる全ての存在を斬り伏せながら世界樹の根本を目指し続けているムカデ族
アクリス=ファハド - 各地で略奪や占領を行いながら世界樹の根本へと移動し続けている相変異を起こしたバッタ族の長
アヤミハビル=アニムス - 瘴気の根源を掴むべく予知書を集める旅をカナデンシスと共に続けている異世界の記憶を持つ賢者のガ族
カナデンシス=アニムス - かつては「アノマロカリス」と呼ばれていたという特殊なファハドの民の中でも最古参とされる賢者

サブキャラクター <第三部>

魔瘴“ディアボロス・マヌス” - 噂を流して民達を混乱させた世界に蔓延する瘴気の正体
予知書の武神 - 予知書に記されていた世界樹の目覚めと共に現れる武を司る神
予知書の魔神 - 予知書に記されていた世界樹の目覚めと共に現れる魔を司る神


作品一覧

工事中


Site Owner



袖黒鴉 (そでぐろからす)
絵描き 兼 文字書き





Booklog


応援してください



ランキング参加中


Twitter Account